資産運用を考える

株取引は怖い、外国為替証拠金取引FXはもっと怖い。

でも銀行や郵便局に預けても利息は小さい。

 

 

リスクを持っても資産を増やしたい方へ長期投資のご提案。

 

 

unyou

投資の世界はブラックマンデーやリーマン・ブラザーズの破綻に端を発した金融危機など過去幾度となく暴落の憂き目を見ました。

しかしアメリカ株式市場のダウやナスダック、S&Pの主要指数はそのたび大幅な下落をしたものの昨年末には史上最高値を更新し、年が明けて低迷しているもののその水準を保っています。

 

 

日本の株式市場もリーマンショックでは平均株価が7,000円、東日本大震災では8,000円と下落しましたが、安倍内閣の発足から持ち直し、アベノミクス、日銀の異次元緩和などにより2年でほぼ2倍になり今は17,000円近辺です。

庶民としても何とかリスクを低く抑えながら、多くない資金でも資産を運用して増やしたい。

 

積み立てという方法が有効ではないかと思います。

 

細く長く最低10年据え置く気持ちでコツコツと積み立てる。

 

 

市場は波風を受けながら浮き沈みするわけですが、積み立ては買い付け時期の分散というリスク回避の側面を持っています。

 

【ドルコスト平均法】

 

価格が変動する商品を定期的に一定金額ずつ買い付ける方法です。

 

 

高い時には少し買付け、安い時には多く買って平均的な買い付け単価を、

 

定期的に一定の数量を買い付ける定量買い付けと比べて低くする効果が期待出来ます。

 

 

【投資型積み立て商品】

 

  • 株式累積投資
  • ・純金積み立て
  • ・投資信託の積み立て

 

などがあります。