投資信託ってどんなもの?

 

投資信託とは、投資家から資金を募り集めた資金を、プロの専門家が管理・運用して、得られた収益を投資家に還元する金融商品です。

 

株式や債券などに分散投資して、その運用実績を投資家の投資金額に応じて分配します。

 

trader

運用成績はその時々の経済状況などによって左右され変動します。

 

 

運用がうまくいかず損失が生じることもあり、元本は保証されていません。

 

大きな利益を得ることもある反面、がっかりするような損をすることもあります。

 

★投資信託はどこで買うの?

投資信託は委託会社(投資信託委託会社)によって作られ、証券会社・銀行・郵便局などで販売します(販売会社)。

 

★投資したお金はどうなるの?

販売会社は投資家から託されたお金を委託会社に提供します。

 

委託会社はそのお金を資産管理を専門とする受託会社(信託銀行)に保管してもらい、受託会社に対し株式や債券の売り買いなど、運用の指図を行います。

 

運用実績の責任を負うのは委託会社で、高い収益を上げられるかどうかその委託会社の実力にかかっています。

 

証券会社・銀行・郵便局などの販売会社は、投資信託の募集をし、売り買いの注文を受け、収益分配金や償還金払いを行い投資家の窓口となります。

 

 

商品の質問に答えたり、説明したりしてくれますが運用にはかかわってはいません。

 

投資家は投資信託を購入することによりその投資信託の受益者となります。

 

受益者の権利は収益分配金を受け取る権利、投資信託を換金をする権利などがあります。

 

この権利を表示するのが受益証券ですが一般的には証券会社などの販売会社に預かってもらっています。