外国債券とは?色々な種類やメリット・デメリット

発行体、通貨、発行市場のどれかが外国の債券を外国債券と言います。

 

様々な種類の債権について見てみましょう。

 

ticket

 

  • 外国債券:海外で海外の発行体が外貨建てで発行する債券。
  • サムライ債:外国法人が日本国内において円建てで発行する債券。
  • ショーグン債:外国法人が日本国内において外貨建てで発行する債券。
  • デュアル・カレンシー債:債権購入の払い込みを円で行い、利息も円で受け取るが、償還時は外貨で受け取る債権。
  • リバース・デュアル・カレンシー債:債券購入の払い込みと償還時の受け取りを円で行い、利息は外貨で受け取る。

 

また、利付け債と割引債があります。

利付け債:発行時に決められた利息が定期的に支払われて、満期時には額面金額が償還される。

割引債:額面より割り引いた価格で発行し、満期時になると投資家に額面金額が償還される。利払いは無い(ゼロクーポン債)。

外国債券のメリット

 

日本の債券よりも高利回りの物を探せる。

 

日本は金利が安い。

 

円安には為替差益が見込める。

外国債券のデメリット

 

円高時に為替差損を受ける。

カントリーリスク(投資先の国の信用利息)がある。

 

政治・経済・社会・国際情勢、治安の良し悪しなどを良く考え、その国の債務返済の実力を判断せねばなりません。

 

格付け会社の発信する格付けが参考になります。

販売窓口は証券会社になります。